2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月
スポンサーサイト
--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集--:--| スポンサー広告|
夜を走る トラブル短篇集 筒井康隆
2008.05.10 (Sat)
なんかレビューの第一回は筒井康隆の

夜を走る トラブル短篇集 (角川文庫) (文庫)

に決定しました ・x・
先日の記事でも紹介しましたが読み終わったのでさっそく書いてみようってことです

この作品を一言で表すなら「カオス」と言ったところでしょうか
筒井作品らしさともいえる混沌というか大騒ぎ(よくドタバタと表現される)が満載
ですがそのカオスっぷりのせいか読み終わるとどっと疲れがでる諸刃の剣
素人にはおすすめできない
はじめて筒井作品に触れるといった人にはお勧めできませんが
何作か読んでいてほかの筒井作品を読んで見たいといった人にはお勧め

以下、ネタばれ含めたチラシの裏

【More・・・】

 
 
収録されている作品に「タイム・マシン」という作品があります
ざっとあらすじを説明すると
アメリカとロシアがタイムマシンの開発競争をしていく
互いの国があと3年のうちには完成すると発表したときに第三国であるフランスが
次のように結論付ける
 タイムマシンは完成することはない。なぜなら未来からタイムマシンに乗った人間がわれわれの
 前に現れたことはないからだ。おそらくは3年以内に両国間の間で最終戦争が起こり人類は・・・

(※途中のあらすじ説明はセリフを適当に要約しています。)


つまりタイムマシンの開発競争が人類の滅亡を呼ぶというオチです
たしかに未来からタイムマシンがきてないからタイムマシンは未来永劫完成することはない
といった考えは現実世界でも通用すると思いますが

「UFOがタイムマシンだとしたらどうだろう」

と思いついてしまった私 ・x・
地球から交信可能な範囲に知的生命体がいる確率よりは
そのほうがまだありそうだと思うんですよね
つまりUFOは未来人の過去観光宇宙船!
とか無茶なことを言って最初のなんかレビューの記事を締めくくりたいと思います
むしろこれを思いついたから言ってみたかっただけです、はい

スポンサーサイト
記事編集15:05| なんかレビュー| トラックバック:0| コメント:0| Top↑
コメント
コメントを投稿する
サイトURL
コメント
パスワード 編集・削除するのに必要
非公開: 管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。